犬の首輪ハーフチョーク首輪のオーダーメイド通販 DogCatch<ドッグキャッチ>

  • ログイン
  • よくある質問
  • サイトマップ
【ドッグキャッチニュース】   ◆ オーダーメイドハーフチョーク首輪 現在の納期:[約1ヶ月]   ◆ サイズ調整が可能なハーフチョークお試しセット新柄追加! 

ハーフチョークに迷ったら

いらっしゃいませ ゲストさん

ドッグキャッチTOP > オーダーメイド革首輪製作工程 > 革首輪製作工程(3) 仕上げ用準備



ベースの革に合わせて、
表の革をカットすると、
やっと首輪らしい形になりました。



仕上げの形が、縁取りを細く切った革でかがる
「かがり」のタイプと、
蝋を染み込ませた麻の糸で手縫いをする
「ステッチ」のタイプで、
ここからの作業が異なります。

「かがり」のタイプは、
かがり用の穴あけをしていきます。
もちろん、一個一個手作業であけていきます。



革の手縫いステッチは

「革は堅くて縫うのが大変でしょうねぇ?」

と、よくご心配頂きますが、
堅いまま縫っていくのではなくて、
こちらもステッチ用の穴をあけてから
手縫いステッチを施します。



いよいよ、完成まで後少し。

仕上げ用の穴あけまでが終了しました。



完成まで後もう少しですが、
まだ重要な工程が残っています。

革の切り口(ここは「コバ」といいます)は、
とてもきれいに仕上がっているので、
このままでも大丈夫なのですが、
2枚合わせの首輪なので、
ツートンカラーになっています。

これを、革用のインクで着色します。
少しつやのあるしっとりとしたインクです。

←工程TOPへ戻ります 最後の工程へ続きます⇒

ページ上へ戻る